ブログ

ZOOMでセミナーを行うにあたって、気をつける事、こうやった方がいいだろうと思う事【講師目線】その2

こちらはZOOMでセミナーを行うにあたり、気をつけるべきことを講師目線で解説している第2弾です。
初回の記事はこちら

機材は何が必要?

ZOOMでセミナーをするにあたってどんな機材が必要でしょうか?
ZOOMはパソコン、スマホ、タブレットと色々な端末で利用できるWebサービスです。
しかしこれはセミナー受講者として利用する場合です。
講演者としてZOOMを使うのに、スマホからセミナーを発信しようと考えている方はいらっしゃらないとは思います、じゃぁいったいどれぐらいのパソコンが必要なのか?カメラは?Wi-Fiは?お答えします。

まずパソコン


パソコンの心臓とも言えるCPUですが、Core i5やCore i7がお勧めです。
これはパソコンの処理速度の目安です。Core i5よりもCore i7の方が高性能でお値段もお高いです。
ですがこれはCore i5でも大丈夫です。
しかしZOOMの機能をフルに使いたいという人はCore i7以上が必要です。
i5だと使える機能が少し減ります。
i7だとグリーンバック背景が無くてもバーチャル背景が使えたり、セミナー参加者の顔を表示させる機能(ギャラリービュー)で最大49人同時に見ることができます(i5は最大25人)。
でも普通にセミナーをやる分にはCore i5で充分かと思います。
ちなみに私はiMacでCore i5です。

カメラは?

私はiMacに最初からついているWebカメラで行っています。
画質は外部カメラで高いものを使ったほうがよくなるのは確かですが、それ以上にパソコンのパワーポイント資料を見ながら目線をカメラに向けられるか?の方が重要です。
セミナーの場合カメラへの目線が参加者様への目線になります。
全然違う方を向いていたら、参加者もちょっとシラけますよね?

マイクはどう?

実はマイクが一番重要だと思っています。
できればパソコンのマイクではなくて、外部マイクを使うことをおすすめします。
そして、一度自分の声をZOOMに録音し聞いてみて下さい。
そのクオリティでオッケーなのか確認できます。
ZOOMは無料のアカウントでもパソコン本体に録画できるので便利です(有料のアカウントならクラウド録画が可能)。

最後にこれも重要


ネット回線のスピードです。
出来ればWi-Fiではなくて、講演者は有線LANでのネット接続を推奨します。
もしどうしてもWi-Fiしか無い場合は30Mbps以上あれば安定して配信できると言われています。
回線スピードはここで調べられます↓
https://fast.com/ja/
その3へつづく・・・

■Googleマイビジネス+Plus SNSセミナー
ライバル店はもう始めているかも?
GoogleマイビジネスとSNSでお店の集客とブランディングをしましょう!
セミナーのスケジュールはこちらから
お申し込み後、参加説明のメールを配信させて頂きます。

関連記事

  1. チラシでの集客は特定のエリア内での集客に効果的な手段で、一般的な集客率は0.01〜0.3%と言われ...
  2. zoomやYouTube Live等によるウェビナー(オンラインセミナー)が急速に普及しましたが、...
  3. 昨今の状況で大勢が一堂に会することが難しくなり、講演会やセミナー、総会、学会等のイベントの開催方法...
ページ上部へ戻る