ブログ

MFIとは?モバイル目線でのマーケティングが必須に

Googleは2020年9月以降、全てのサイトをMFI(モバイルファーストインデックス)へ移行すると発表しました。2020年3月のことです。

MFIとは、インデキシングの対象をPC向けのページからモバイル向けのページに変更することです。

MFIへの移行が始まるまでは、検索順位を決める評価対象はPC向けのページでのみ行われていました。そのためモバイル検索を行ってもPC向けのサイトが上位に表示されたり、情報が少ないモバイルサイトが表示されたりと知りたい情報が探しにくい状態でした。

モバイルでの検索の割合がPCの検索の割合を上回ったことで、スマホ向けのサイトを優先的に表示させようとする動きが始まったのです。

2018年3月から既に一部サイトにおいてMFIの適用が開始されました。2020年5月現在、既に70%のウェブサイトがMFIに移行していますが、まだMFIの対策ができていないウェブサイトをお持ちの方は早急に対応する必要があります。

Googleのこの動きからも分かるように、Webマーケティングを行う際はスマホからどのように見られているのか?ということを意識しながら取り組むことが大切です。

ところで、ウェブサイトだけでなくGoogleマップやSNSもモバイルから閲覧される割合が圧倒的に高いです。PCで各ツールを管理されている方は、投稿後にモバイルからも確認し、どのように表示されているのか確認することもお勧めします。

■Googleマイビジネス+Plus SNSセミナー【Web】
ライバル店はもう始めているかも?
GoogleマイビジネスとSNSでお店の集客とブランディングをしましょう!
セミナーのスケジュールはこちらから
お申し込み後、参加説明のメールを配信させて頂きます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. スマートフォンやGoogleマップの利用者の増加により、MEO対策の重要性が高まってきています。
  2. 在宅勤務やテレワークの増加により、Web会議ツール「ZOOM」の利用者が増加しているということをZ...
  3. 在宅勤務やテレワークの増加により、Web会議ツール「ZOOM」の利用者が増加しています。
ページ上部へ戻る