ブログ

外出自粛要請時に実店舗や地域密着店舗ができること

新型コロナウイルスの感染拡大防止のための外出自粛要請により経済活動がままならない状況となっています。
対面式のイベントなどが次々中止になり、先行きが見えない中今後の戦略を考えておられる方が多いと思います。
そこで今回は、WebやSNSを使用して企業ができることを考えてみました。

1. ウェブサイト・SNS・ブログの更新
2. ウェブサイトやSNSの解析を行う
3. Web会議や打ち合わせを行う

 

1. ウェブサイト・SNS・ブログの更新

対面でのお客様対応が少なくなっている今、お客様に届けられる方法は自社のウェブサイト等で発信することです。

Instagramでは感染拡大防止のために外出を控えているユーザーが自宅でどのように過ごしているのかシェアできるよう、「おうち時間」スタンプをリリースしました。
また、#おうち時間 のハッシュタグ投稿件数は2020年4月8日現在72.5万件投稿されています。

商品やサービスをおうち時間に利用することが想像できるような投稿はユーザーに知ってもらうきっかけになります。

独自のハッシュタグを作成することで、同じ商品を使っている人とのつながりを確かめることができ尚良いでしょう。

2. ウェブサイトやSNSの解析を行う

 

普段は忙しくてなかなかできていないという方は、この機会に解析を行いましょう。
商品やサービスを利用してくれているお客様がどのようなページに興味を持っているのか確認することで、コンテンツの作成に役立てることができます。

3. Webでの会議や打ち合わせを行う

使用したことのない人にとって初めは抵抗があるかもしれませんが、この機会にぜひ使ってみましょう。
特に複数人で会議を行う際にはZOOMというツールがお勧めです。
ZOOMについての記事を読む:
Web会議アプリZOOMってなに?
ZOOMでセミナーを行うにあたって、気をつける事、こうやった方がいいだろうと思う事【講師目線】その1

2020年4月現在、弊社で開催するGoogleマイビジネス+Plus SNSセミナーも当面の間はZOOMで行う予定です。

■Googleマイビジネス+Plus SNSセミナー【Web】
ライバル店はもう始めているかも?
GoogleマイビジネスとSNSでお店の集客とブランディングをしましょう!
セミナーのスケジュールはこちらから
お申し込み後、参加説明のメールを配信させて頂きます。

#webマーケティング
#SNS運用
#MEO対策
#webコンサル
#web解析
#SEO対策
#ZOOM
#Googleマイビジネス
#ZOOMセミナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. スマートフォンやGoogleマップの利用者の増加により、MEO対策の重要性が高まってきています。
  2. 在宅勤務やテレワークの増加により、Web会議ツール「ZOOM」の利用者が増加しているということをZ...
  3. 在宅勤務やテレワークの増加により、Web会議ツール「ZOOM」の利用者が増加しています。
ページ上部へ戻る