ブログ

LINE公式アカウントを利用するメリット

今やスマートフォンを持っているほとんどの方がLINEを使用しているのではないでしょうか。
2019年12月現在の月間アクティブユーザー数は約8300万人だそうです。

ここでは企業や店舗のLINEアカウントとして利用できる、LINE公式アカウントのメリットをまとめました。

 

1. メッセージを見てもらいやすい

LINEはメルマガより開封率が高いと言われています。
メルマガだとフィルターで迷惑メールに振り分けられてしまう可能性がありますが、LINE公式アカウントではそのような心配はありません。

また、LINEは他のSNSよりもメッセージを開封するまでの手順が少ないのも理由の一つだと思われます。
アプリを開かなくてもポップアップで通知され、タップすればすぐに見ることができるからです。

 

2. テキストメッセージ以外にも様々な方法でメッセージを伝えることができる

テキストメッセージ以外にも、画像やテキスト情報を1つのビジュアルにまとめ、簡潔でわかりやすい訴求が実現できる「リッチメッセージ」という機能があります。
画像があるとユーザーの目を引くことができるのでクリック率の上昇が見込めます。

 

3. リッチメニューを使用することができる

 

リッチメニューとは、トーク画面を開いた際、下部にメニューを大きく表示させることができる機能です。
メニュー内にはホームページへのリンクやクーポン、ショップカード等を表示させることができ、ユーザーにサービスを利用してもらうための仕組みを簡単に設定することができます。

各SNSからホームページ、ホームページからお問い合わせや購入への導線作りはなかなか難しいですよね。
LINE公式アカウントのリッチメニューなら導線作りを簡単に行うことができます。

 

驚くことに、これらの機能を月1000通までは無料で利用することができるのです。
例えば、250人の友だちがいたとすると月4回までは無料でメッセージを送ることが可能ということです。

自社の商品・サービスを気に入ってくれているユーザーにずっとファンでいてもらうためには、ユーザー側にメリットがあることが重要です。
それを提供するツールとして、LINE公式アカウントは適切なものと言えるでしょう。

参考:LINE公式アカウント

■Googleマイビジネス+Plus SNSセミナー【Web】
ライバル店はもう始めているかも?
GoogleマイビジネスとSNSでお店の集客とブランディングをしましょう!
セミナーのスケジュールはこちらから
お申し込み後、参加説明のメールを配信させて頂きます。

 

#webマーケティング
#SNS運用
#MEO対策
#webコンサル
#web解析
#SEO対策
#ZOOM
#Googleマイビジネス
#ZOOMセミナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. スマートフォンやGoogleマップの利用者の増加により、MEO対策の重要性が高まってきています。
  2. 在宅勤務やテレワークの増加により、Web会議ツール「ZOOM」の利用者が増加しているということをZ...
  3. 在宅勤務やテレワークの増加により、Web会議ツール「ZOOM」の利用者が増加しています。
ページ上部へ戻る