ブログ

Googleが「COVID-19 Community Mobility Reports」を公開

新型コロナウイルスの感染が拡大する中、Google社は2020年4月3日(現地時間)より「COVID-19 Community Mobility Reports」を公開しました。

Googleでは、平時から店舗や施設の込み具合を表示するために「ロケーション履歴」を有効にしているユーザーのデータを使用しています。
今回、公衆衛生の専門家からGoogleマップが使用しているようなインサイトが新型コロナウイルスについての重要な決定を下す際に重要になるとの意見を頂いており今回の対応を行ったとのことです。

弊社が開催しているGoogleマイビジネス+Plus SNSセミナーでもGoogleがいかに我々の日常生活に影響を与えているかを説明してきましたが、このようなところにもGoogleが役立っているのですね。
今後もより一層Googleは日常生活により深くかかわっていくことになりそうですから、私どもも含め日々研究し、波に乗り遅れないようにしたいものです。

参考:COVID-19 Community Mobility Reports

■Googleマイビジネス+Plus SNSセミナー【Web】
ライバル店はもう始めているかも?
GoogleマイビジネスとSNSでお店の集客とブランディングをしましょう!
セミナーのスケジュールはこちらから
お申し込み後、参加説明のメールを配信させて頂きます。

#webマーケティング
#SNS運用
#MEO対策
#webコンサル
#web解析
#SEO対策
#ZOOM
#Googleマイビジネス
#ZOOMセミナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. スマートフォンやGoogleマップの利用者の増加により、MEO対策の重要性が高まってきています。
  2. 在宅勤務やテレワークの増加により、Web会議ツール「ZOOM」の利用者が増加しているということをZ...
  3. 在宅勤務やテレワークの増加により、Web会議ツール「ZOOM」の利用者が増加しています。
ページ上部へ戻る