ブログ

エンゲージメント率とは?フォロワー数を増やすだけでは不十分です

SNSマーケティングで最近特に注目されている「エンゲージメント率」。

言葉は知っているけれど、実は意味をよく分かっていないという方も多いのではないでしょうか?

エンゲージメント率とは「SNSへの投稿に対して、どのくらいの反応(いいね、コメント、シェア等)があったか」を示す割合です。

なぜ、エンゲージメント率が注目され始めているのでしょうか?

それはSNSの登場で消費者とのコミュニケーションや情報発信が容易になり、共感を得られることが重要なポイントになったからです。

フォロワー数を増やしたら見てくれる人が増えるからいいんじゃないの?と思われる方もいるかもしれませんが、単純にフォロワー数を増やすことが集客に繋がるとは限りません

フォロワー数は多いのにエンゲージメント率が低い場合、その投稿が消費者の共感を得られていないということです。

エンゲージメント率を意識することで、投稿に対する消費者の反応・関心の度合いを把握しながらSNSを運用することができます。

 

また、エンゲージメント率が高い投稿は、各SNSのアルゴリズムによって投稿の露出のチャンスが増える傾向があります。

投稿記事を考えるときは、消費者はどんなことを知りたいのか?どんなことで困っているのか?といったことを意識すると、エンゲージメント率の向上が期待できます。

 

なんとなく分かったけど、結局どうすれば良いの?
日々の業務に追われて、そこまで手が回らない…
そもそもSNSがよく分からない…

 

弊社ではそのようなオーナー様向けに個別相談・WEBセミナーを開催しております!
エンゲージメント率を意識した投稿で、競合他社と差を付けませんか?

 

■Googleマイビジネス+Plus SNSセミナー【Web】
ライバル店はもう始めているかも?
GoogleマイビジネスとSNSでお店の集客とブランディングをしましょう!
参加費は無料です
セミナーのスケジュールはこちらから
お申し込み後、参加説明のメールを配信させて頂きます。

 

#webマーケティング
#SNS運用
#MEO対策
#webコンサル
#web解析
#SEO対策
#ZOOM
#Googleマイビジネス
#ZOOMセミナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. こちらはZOOMでセミナーを行うにあたり、気をつけるべきことを講師目線で解説している第4弾です。
  2. 新型コロナウィルスの対応に様々な企業が追われている中、Google社もGoogleマイビジネ...
  3. 新型コロナウィルスの影響で、イベントはもちろんのこと、会議やミーテイングさえも出来なくなった中、...
ページ上部へ戻る