ブログ

チラシにおけるターゲットと切り口を考える

お客さまにチラシを読んでもらえるか?という意識を持つことが、レスポンスの良いチラシを作るうえで重要です。

ターゲットと切り口は明確に

「誰に何を伝えるのか?」を決める。
つまり、「どんなターゲットに、どんな切り口で商品を訴求するのか?」ということですが、
ターゲットと切り口の設定がぶれていると、どんなに良いチラシも宣伝効果は期待できません。

「ダイレクト・レスポンス・マーケティングの基本」です。

ターゲットの設定

コピーを書く前には、かならずターゲットの設定をしなくてはなりません。
「誰に向けて書いているのか?」が明確にイメージできなければ、どれだけ時間をかけてコピーを書いたとしても、まったく反応してもらえない可能性が高くなるからです。

商品やサービスを買ってくれる人、使ってくれる人がいるからこそ、

「その人を喜ばせるには、何をすればいいのか?」といったことや、
「その人の興味を引くには、何を書けばいいのか?」というアイデアが生まれるのです。

切り口の設定

ターゲットの設定と同じく、コピーを書く前にしなければならないことがあります。
それは切り口の設定です。

  • ターゲットの悩みや欲求を知る。
  • あなたの商品やサービスに、どのようなイメージを持っているのか?
  • それは、数ある商品の中で、「なぜ、あなたの商品がベストなのか?」
  • その理由を、既に知識や経験を持つターゲットでも納得できる訴求が必要です。

ターゲットの悩みの深さや、あなたが扱う商品ジャンルの認知度を知り、それに合わせて、訴求内容を変えることが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 見やすい地図を簡単に書く方法チラシに掲載している地図はとても重要です!地図がわかりにくいから...
  2. 見やすい地図を簡単に書く方法チラシに掲載している地図はとても重要です!地図がわかりにくいから...
  3. Googleストリートビュー(屋内版)の撮影を、ニューコマンダーホテル様でさせていただきまし...
ページ上部へ戻る