新聞折込

  1. 反応の良いチラシの要素

    チラシの反応率を上げるには下記のような要素を踏まえ、チラシづくりに反映すると反応率が上がります。1.キャッチコピーターゲット(消費者・チラシを受け取る人)に対して商品やサービスを伝える、重要な部分です。ビジュアルと絡めて、印象に残りやすい表現を心がけましょう。

  2. オーバープリントについて

    チラシの印刷に関して、データ入稿される際に色に関する注意点がございます。その中にオーバープリントの設定があります。製版指定の一種で、具体的には「他の版に対して色を乗せる」指定です。※イラストレーター、メニューバーのウインドウより属性パレット表示させ指定できます。

  3. チラシにおけるターゲットと切り口を考える

    お客さまにチラシを読んでもらえるか?という意識を持つことが、レスポンスの良いチラシを作るうえで重要です。ターゲットと切り口は明確に「誰に何を伝えるのか?」を決める。

  4. 折込チラシの最適な枚数

    折込をする時の枚数をどう決めるか新聞の折込チラシで販促を考える時に、どれぐらいの枚数でどの範囲に折込をいれるのか? どうやって決めていますか?広告費用が無限にあるのなら出来るだけ多く広く折込をすれば、多くの人に訴求出来る事にはなります。 しかしそれではかけた費用を回収出来ません。

  5. 折込チラシを入れる曜日は?

    折込チラシを入れるのはいつがよいのか?よく折込日についての質問をいただきます。内容がイベントなのか売り出しなのか?によっても変わると思いますが、一般的に売り出しの場合はセール初日の朝刊、イベントなどの場合は事前にというのが多いパターンです。

ページ上部へ戻る